fc2ブログ

貧乏人の銭失い


今回の一時帰国の、3大目的の一つである、「確定申告」に今朝、行ってきました

ちなみに、この3大目的は、「会社のミーティング」、「年金受給先変更」、「確定申告」

年金以外に、業務委託で仕事しているので、確定申告が必要

普通は、日本にいる「納税管理人」を申請するのですが、頼める人はいないし、お金払いたくないし・・・
うちのカミさんでも、良いみたいですが  それは、絶対ムリ 無理無理無理
日本に住んでいるフィリピーナに、「納税管理人」なってもらっている人  そんな人がいたら、お賽銭あげて、拝みたい

朝、9時前に、税務署に行きました

税務署

大和税務署は、小田急江ノ島線と相鉄線の大和駅から、歩いて5分(あまり遠くないって意味です・・・ 年金事務所も5分と書きましたが、税務署のほうが、もう少し近い5分)
年金事務所と違って、税務署の建物は、警察署とか横浜入管とかに、雰囲気が似ている
あまり、お世話になりたくない  でも、行かないと、余計マズくなる  だから、建物の雰囲気、似ているのかな

9時に着いたのに、すでに相当混雑

確定申告

これでは、昼までに終わるかな、と持久戦の覚悟
係の人に、「相談にきました」と言ったら、別の列に並ばされた

大混雑の列は、これから書類を作成する人、私が並んだ列は、すでに書類を作成した人で、相談・確認が必要な人
でも、20人くらい前にいたが、以外にスムースに流れ、30分くらいで自分の番になった

フィリピン移住後、初めての確定申告なので、
① 住所は、日本の前の住所で良いか(うちのカミさんが、現在住んでいると説明)
② マイナンバーが、海外転居時に返納になったが、そのままマイナンバーを記入してよいか
③ 年金から、自動的に引かれている介護保険料を、社会保険料控除に含めてよいか
が、分からなかった

税務署の人が、印刷した確定申告と、源泉徴収とかの書類をチェックして、言われたことは
「業務委託料は、給与でなく、雑収入です」
「去年も、一昨年も、それで大丈夫でしたよ」
「あ、そうですか」

日本の住所、返納したマイナンバーで、問題なし

最後に、違うコーナーに言って、書類提出  控えに、ハンコ押してもらって  はい、おしまい
1か月半後くらいに、還付金が振り込まれます、と言われた(わずかな額なので、UNICEFに寄付しようかなと思ったけど、UNICEFコーナーがなかったので、止めた …コーナーがあっても、素通りするよ)


ここまでの、説明で、「なんだ、普通の確定申告ではないか」と、思われた方   その通りです

でも、でも・・・ 私には、  「一生の不覚」 だったのです  昨年、一昨年・・・

実は、年金から自動的に徴収されている、 介護保険料
国が勝手に、人の年金から搾取しているんだから、税金のほうも、面倒見てくれると思って、社会保険料控除に入れていなかった・・・

今年は、それに気が付いて、こっそり、社会保険料控除に追加
でも、税務署の人、何も言わなかった・・・

と、言うことは、 今までが、間違っていたんだ!!

還付金には、そんなに違いがないと思うけど 100円でも、1000円でも、損したのには、変りがない  情けない

日本年金機構のお偉方、私みたいな、可哀想な老人がいるんだから、送付する源泉徴収票の摘要欄に、はっきり
「保険料は頂きましたが、その後は何もしませんので、自力で、還付金を取り戻してください」とか、書いて!

皆さん 年金天引きの、介護保険料には、注意してください

「そんな事、知らないのは、お前だけだ」 …ハイ、その通りです  でも、私だけ?


   ↓↓ 「あなた、人生のツケは控除されないわよ。クリックしてね。」と、うちのカミさんが言っています。

<にほんブログ村>

  こちらも
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

2月15日から確定申告ですがその前の2週間は税務署で税の相談会を開催しています。 
税の相談と称して作成補助が受けられるし、作成済みの申告書も受け付けが可能です。 
加えて、納税者が少なくて待ち時間が無くて快適ですよ。

確定申告

それは、知りませんでした
貴重な情報、ありがとうございます
来年、確定申告するときは、早めに税務署に行きます
プロフィール

サンパブロのモト

Author:サンパブロのモト

ようやく家族でフィリピンに移住・・・と、思ったら、カミさんだけ、日本に戻ってしまった。日本語が通じない世界で、生きて行けるか?
まぁ時間だけは十分あるから、あせらず、あわてずゆっくりやるか。
ちなみに、アイコンの似顔絵は全く似ていません。30年前の私です。今あ、よれよれ。。。

アクセス数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる