fc2ブログ

新型小都市交通


今日、うちの娘と、サンパブロの反対側にある おっかさんに家に行ってきた
昨日メッセージ送ったけど、返事がない
また、ロードが無いから、返事できないのか
土地のローンの支払いがあったので、行かざるを得ない
行ってみたら、 残念  誰も家にいなかった
うちの娘が、おっかさんに会いたい、と言ったけど、どこにいるのか分からない
オフィスで支払いを済ませた後、とりあえず帰宅
ミーナおばさんに聞いたら、 もしかしたら、おっかさんの前の家にいるかも
今は、次男の家族が住んでいる
ここからはそんなに遠くない
今度は、ミーナおばさんも一緒に、トライシケル
まだ一度も、 おっかさんが前住んでいた家には行ったことがない
トライシケルで10分  おっかさんの前の家に着いた
Inayの家
ブロックを積み上げただけの家   前から話は聞いていたので、驚かない
電気もない  電気を遠くから引くので、だいぶ高くかかる
(現在の家は、電気もOK  新しくて、きれい  建築費120万円だけど)
家の中の一部は床がない  土間みたい
土がむき出し  凸凹があるので、いすの位置を間違えると、斜めになる
でも、驚かない
家の後ろに出てみると  驚いた
なんと、 すぐ横に線路 がある
線路のすぐ近くに、家を建てたとも言える(無許可だろう)
我が サンパブロシティーには鉄道が通っている (いた?)
7、8年前、うちのカミさんの家に泊った時、夜中、列車の通る音
最初は夢かと思った  でも、実際に列車が通っていた
今はこんな感じ
往来自由
線路はあるが、人も、オートバイも通っている
場所によっては、トライシケルも、そして車も
しかし、 おっかさんの前の家の線路は、チョット様子が違う
家の裏
いつでも、列車が通れる感じ
人も、バイクも、トライシケルも、車もない
住んでいる人が少ないのかな?
写真を撮って、家の中の斜めのイスに座っていると
シューと言う音が聞こえた  後ろの線路を何かが走っている
慌てて飛び出してみると、人が乗っている、 トロッコの周りがないような乗り物
最初のトロッコは、写真を撮る前に、彼方に去ってしまった
しばらく待っていると、来た来た  遠くから、トロッコがやってくる
正面を獲ると文句を言われそうなので、後ろ姿
新都市交通
次男の嫁さんに聞いたら、 この乗り物「トローリー」」と言い、片道5ペソ(約10円)
モーターは付いていない  人力
スタートは、ボブスレーの様に駆け足してトローリーを押す
スピードが付いたら、乗り込み、その後はキックボード
意外と早い
考えてみたら このトローリーはすごい
廃線利用  電気は必要ない  CO2は排出しない  地球にやさしい  安い
これこそ、 時代が求めている、究極のエコカー
フィリピン全土に広めたい
ただ少し欠点があります
まず、廃線が無いとダメ  それと、坂には弱い  平坦専用交通
乗るときには、傘を用意してくださいね  なにせ、屋根も囲いもないですから
それと、運行時間は、明るいときだけ
反対側のトローリーが発車した場合は、こちらに着くまで待ってます
なにせ、単線ですから
どうですか?
トローリーは新型交通の決定版!
なわけないか・・・
↓↓↓ 「あなた、KTVで優しくしても地球には優しくないわよ。クリックは優しく押して。」と、うちのカミさんが言っています。

にほんブログ村
こちらも
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

サンパブロのモト

Author:サンパブロのモト

ようやく家族でフィリピンに移住・・・と、思ったら、カミさんだけ、日本に戻ってしまった。日本語が通じない世界で、生きて行けるか?
まぁ時間だけは十分あるから、あせらず、あわてずゆっくりやるか。
ちなみに、アイコンの似顔絵は全く似ていません。30年前の私です。今あ、よれよれ。。。

アクセス数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる