fc2ブログ

シャブシャブより焼肉


先月 麻薬密売人がサンパブロ市内で、警察に射殺された
この密売人、悪名高い麻薬密売グループAmanteのメンバー
そのAmanteグループの主犯の一人は、2年前に何者かによって射殺
犯人はまだ見つかっていない(見つけようとしない?)
この 射殺された主犯は、なんとサンパブロ市の現市長の叔父
いやはや、サンパブロ市は田舎の小都市だから安心と思っていたが
すぐ近くに、麻薬密売人がうようよしている(かもしれない)
フィリピンで密売されている麻薬は、 主にShabu(シャブ)
数日前も、マニラの近くのアラバンで、末端価格数十億円のシャブが押収されたそうだ
日本でも、シャブと言う言葉は聞いたことがある
英和辞典を使い、Shabuを検索したけど見つからない
英語ではないみたいだ
アジアで使われている言葉で、 意味は覚せい剤
覚せい剤は、麻薬と呼ばないそうだ  混乱してきたぞ
そこで、代表的な薬物を調べた(千葉県警察ホームページから)
【覚せい剤】
主に麻黄(まおう)という植物から抽出されたエフェドリンなどを原料として科学的に合成して製造
神経を興奮させる作用があり、乱用すると眠気や疲労感がなくなり、頭が冴えたような感覚になる
しかし、そのような効果も数時間で切れ、その後は激しい脱力感、疲労感、倦怠感に襲われる
特に依存性が強く、乱用を続けると、幻覚、妄想が現れ、大量に摂取すると、急性中毒により、全身けいれんを起こし、意識を失い、最後には脳出血により死亡する場合がある
【コカイン】
南米原産のコカの木の葉が原料
神経を興奮させる作用があるため、気分が高揚し、眠気や疲労感がなくなったり、体が軽く感じられ、腕力、知力がついたという錯覚が起こる
コカインは依存性が大変高いので、使用量もどんどん増え、あっという間に中毒者になり、まともな精神状態を保つことが難しくなって、最後には錯乱におちいり、完全な精神障害になってしまう
コカインを大量摂取した場合、呼吸困難により死亡することもある
【大麻(マリファナ)】
麻草を乾燥させた乾燥大麻、樹脂(やに)や若芽をすりつぶして固めた大麻樹脂、葉や樹脂から成分を抽出した液体大麻がある
乱用すると、一般的には、気分が爽快、陽気になり、よくしゃべるようになるが、その一方で、視覚、聴覚、味覚、触覚等の感覚が過敏になり変調をきたしたり、現在、過去、未来の時間の観念が混乱して思考が分裂し、感情が不安定になる
どうですか?
やっぱり、 麻薬は怖いですね!
チョットだけとか、1回だけ・・・なんて、絶対にダメです!
日本では、覚せい剤使用の場合は、覚せい剤取締法で
コカインの場合は、麻薬及び向精神薬取締法
大麻の場合は、大麻取締法で罰せられますが
フィリピンでは、すぐに警察官とか、黒ヘルメットの二人組によって、射殺されます
だから、すこしでも疑わしいことはダメ
アナタが、 シャブシャブが好きでも、焼き肉が好きと言ってくださいね
シャブシャブ焼き肉


焼き肉の方が、長生き出来ますよ
↓↓↓ 「あなた、KTVの彼女にシャブシャブ食べに行こうはダメ。熱湯さらし肉よ。クリック押してね。」と、うちのカミさんが言っています。

にほんブログ村
こちらも
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンパブロのモト

Author:サンパブロのモト

ようやく家族でフィリピンに移住・・・と、思ったら、カミさんだけ、日本に戻ってしまった。日本語が通じない世界で、生きて行けるか?
まぁ時間だけは十分あるから、あせらず、あわてずゆっくりやるか。
ちなみに、アイコンの似顔絵は全く似ていません。30年前の私です。今あ、よれよれ。。。

アクセス数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる