fc2ブログ

スマホのバッテリー交換・・・富士通arrows


使っているスマホは、iPhone6  ご老体である
OSも、最新版はサポートしていない
従って、新しいアプリは使えない場合が多い

あるアプリを使いたいけど、ダウンロードも出来ない
困った  そこで、アンドロイド端末で試してみた

私の持っている、アンドロイドスマホは、富士通arrowsM03
本体価格、35000円だったと思う
これも、古いが、iPhone6ほどではない
他の機能は、そんなに問題がないが
如何せん、カメラがダメ  iPhoneと比べると、オモチャレベル
だから、使っていなかった

最近は、うちの娘のゲーム用
しかし、あまりにも、熱中するので、取り上げてしまった
机の奥に、眠っていたが
無理やり起こして、まずは、チャージ
最初のうちは、順調だったが  途中から、おかしくなった
まだ、満タンじゃないのに、充電ランプがすぐ消える
ケーブルが悪いのか  3本試したが、ダメ

そうしているうちに、異常に気が付いた
な~んと、スマホが膨らんでいる

arrows修理1
(写真は、一旦カバーを開けた後)

裏ブタから、中が見える  これは、マズイ
バッテリーが膨張したんだ
リチウムバッテリーでは、劣化に伴い、電解質が酸化しガスが発生するそうだ

これは、バッテリーを交換するしかない
交換方法は、YouTubeに、たくさんある

まずは、後ろのカバーを外して、バッテリーの確認
この機種(arrowsM03)は、カバーの固定に、粘着テープを使っている
従って、へらを差し込んで、カバーを剥がせばよい
真ん中が、浮いているので、へらを差し込むのは簡単
後は、少しずつ、力ずく  へらをあまり深く差し込まないように
開けてみると

arrows修理2

確かに、バッテリーが膨らんでいる
粘着テープが、カバーや本体に付いているので、キレイにはがした

パーツ番号を確認して、LAZADAで検索
見つからない  仕方がないので、Shopee
すぐ、見つかった
LAZADAは安心だけども、この様なパーツは、扱っていないみたい
Shopeeしかない  さっそく、発注
中国のショップは避けた  偽物が来る可能性が、高い
それに、コロナで、ロックダウン  いつ届くか分からない

高いけど(1167ペソ=約2600円)、マニラ近辺のショップにオーダー
4月18日にオーダー
受注後、手配するので(Pre-Order)、大分時間が掛かる
来月になるかな、と思っていたら、意外と早く着いた

早速、バッテリー交換
これが、まるで簡単

コネクターを外し、バッテリーをはがすだけ
バッテリーは、両面テープで貼りつけてある

arrows修理3

コネクターは、ピンを差し込むのでなく
スロットに、押し込むだけ  上から、押さえれば良い

今回購入したバッテリーは、純正品みたい
包装もしっかりしているし、怪しい所が無い
バッテリーの裏面に付いている、両面テープ
なんと、3M(スリーエム)製
偽物だったらば、絶対に使わない(コストが上がるから)

数分で交換  バッテリーを比較すると

arrows修理4

新しいバッテリーは、お腹が引っ込んで、スッキリ
(中年のフィリピーナも、こうなって欲しい)

これで、バッテリー交換、終了
後は、後ろのカバーを、取り付けるだけ
ここで、ふと気が付いた
スマホの修理をするために、購入した、精密ドライバー
出番が無かった  ネジを外す必要が無かった
何のために、買ったんだ

皆さん、心配ご無用  出番を考えました
それは、後ろのカバーを、取り付ける時
弾力のある、粘着剤で貼りつけようと、思ったけど
次に、カバーを外すとき、粘着剤をきれいに取り除くのが、面倒くさそう
そこで、手持ちの、両面テープを使用

スマホの、ケースの周りに、貼る必要がある
幅は、僅か、2㎜  持っているテープの歩場は、1㎝
カッターで、切る必要がある
そこで、利用したのが、精密ドライバー
の、ケース  固いケースなので、裏側を使用

arrows修理5

両面テープを、ケースに貼りつけ、定規を当てながら、カッターで切る
思ったより、上手く行った
もう少し、厚みのある、弾力性に富んだテープならば、もっと良かったのに
取り敢えず、4辺に貼ったが  防水には、自信がない
濡らさないように、気を付けよう

結論:
スマホの、バッテリー交換は、簡単
ドンピシャの、バッテリーを購入すれば、何の問題もない
後は、YouTubeで、しっかり勉強

さぁ、皆さんも、バッテリー交換に挑戦
(いつもながら、私しゃ、責任持ちませんけどね)



   ↓↓↓ 「クリックお願いします。」と、うちのカミさんが言っています。



★★★★★(これより広告)
互換品だと、日本でも安い


★★★★★(これにて終了)

  こちらも
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンパブロのモト

Author:サンパブロのモト

ようやく家族でフィリピンに移住・・・と、思ったら、カミさんだけ、日本に戻ってしまった。日本語が通じない世界で、生きて行けるか?
まぁ時間だけは十分あるから、あせらず、あわてずゆっくりやるか。
ちなみに、アイコンの似顔絵は全く似ていません。30年前の私です。今あ、よれよれ。。。

アクセス数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる